バランス

バランス1

小さな頃
浜辺に塩田の広がる風景の中で育ちました。
果てしなく遠くに見えた海原から
走り来る潮追風を身体いっぱい感じながら、
憧れや羨望を夢みたものです。

しかし
時代の加速度はとても早く
その大きさに押されるまま動いて来てしまいました。
それでも言葉にならぬものを抱きながら拳を握りしめ、
急ぎ足をしていたような気がします。

いつしか
創ることで自分の言葉と居場所を持ちたいと願い
気が付いたら40年が過ぎておりました。

姿を変えてしまった海辺を眺めながら相変わらず、
自分の出番をさぐり続けています。

夢

ごろり寝ているとなにやら物音がする、
ゆっくり目を開けると
自分が彫った木彫たちが集まって楽しそうにしている。
すかさず「俺も仲間に入れろ」と声をかけるが知らんぷり。

こんな夢を見るが進まず目が覚めてしまう。
いまいましいので今彫っている木彫たちには 
しっかりと言い聞かせるようにしている。

絵画

制作―油彩

作業場の片隅に 陣取って絵を描きます。
散らかし放題でないと描けません。
油絵の具の臭いと汚さがなんとも安心できるのです。

制作―油彩1



木彫

制作―木彫

木を彫っている時間はとても楽しいものです。

どの木彫も
作りかたは薄い板材を積層した塊をいきあたりばったりで彫ることにしています。
割付や墨付けをしてしまうと妙におさまり良くなってしまうからです。
大きなものはチェーンソーで粗彫り、しばらくは放置してから進めます。

制作―木彫1      コピー ~ IM000023

木版画

制作―版画

木版画を摺る場所です。
あまり色数を重ねない木版が好きです。
桜の木を版木に使いますが 私の場合は合板から色々と使います。
色も水性のものだけでなく油絵の具を工夫して使っています。
馬簾は昔からのものです。
制作―版画1