2009年 最初の個展ご案内

足羽川は 福井の町中を大きくゆっくりと流れている川です。
河岸には桜並木が遠くまで連なり 春になると花弁が舞い 空を埋め尽くします。
いつの頃か忘れてしまいましたが 
旅行途中に 福井駅から 歩いて観にいったことを思い出します。

この度 福井のご縁をいただき 建物を作るお手伝いをさせてもらいました。 
喫茶とギャラリースペースを併せ持った空間です。
こけらおとしということで個展をさせていただきます。
桜の花を観るのは 次の機会にして
先ずは 一度お出かけいただければと思い ご案内させていただきます。

コピー ~ 08092211.DSC_0029         cafe & gallery  Muu 
  1月13日(火)~1月26日(月)
           
                                           
  11:30~18:00  

  TEL 0776-57-1127
  FAX 0776-57-1223
  〒918-8205   福井市北四ツ居二丁目6-23
     
                           
  アクセス
     
       車 北陸道福井、北福井インターより福井市街に向かって約10分
    
         電車 JR 北陸本線福井駅 東口より 
         すまいるバス日の出城東方面に乗車 
        ⑰北四ツ居2丁目第2 下車、徒歩3分 (約15分ー100円) あんしん村前

コピー ~ IM000025




 コピー ~ 09011212.CIMG3228コピー ~ 09011214.CIMG3269

   コピー ~ 09011212.CIMG3243    コピー ~ 09011213.CIMG3260

  

   コピー ~ 09011213.CIMG3255            コピー ~ 09011213.CIMG3257


   コピー ~ 09011408.DSC_0008


   コピー ~ 09011408.DSC_0029        コピー ~ 09011408.DSC_0047


    コピー ~ 09011408.DSC_0038         コピー ~ 07042419.R0010428







2009年 福井のお店

2009年の始まり 今年も懲りずにお付き合いの程宜しくお願い致します。

コピー ~ 09010809.CIMG3182

61年目のお正月、元旦の朝は
雲ひとつない瑠璃色の空に 筋書き通りの日の出が拝めた。
暗い話題を持ち越さぬ年明けであってほしいと
ご来光に向かったのは私だけではないと思う。 

新年先ずはと 重ね着でまるくなり 近所の尺地神社に初詣に出掛けた。
出掛けたといっても徒歩2分程の氏神さんである。
神妙に手を合わせ お参りをすると
土地の神社当番からお供えのお下がりを頂いた。
妙なほどに大きなりんごがビニール袋に入っていた。
それを眺め 一人にんまり今年は何かいいことがあるかも・・・
という期待感に駄賃をもらった頃の気分を飲み込んだ。 

元旦の朝食は正月の儀式っぽく始まるのが一般だろうが
3人きりの我が家では 普段となんら変わりなくパンとコーヒーで始まった。
それでもせめてと小声で「明けましておめでとう。今年もよろしく」と型どおりを済ませると
大晦日に届いた美味しいパンを味わうことにした。

コピー ~ IM000189

ベランダで愛犬 はなにも 「おめでとう、今年もよろしくな!」と声を掛けながら 
今朝は特別と朝食の盛りを多くしてやった。
が しかし 犬には正月がある筈もなく あんがとうもなくペロリとたいらげて
いつものように「まだ足りんのだけれど」と不足げの視線を投げかけてくる。 
なんてこった。


コピー ~ IM000188

さてということで今年がはじまった。
年賀状を書かなくなって久しい。
横着物の私は新年最初の塩津村だよりの原稿を書くことにした。
明けましておめでとうございますという書き出しは横着物には空々しいので
とりあえず今年も懲りずに・・・と書き見えぬところでペコリと頭を下げることにした。 

昨年も色々なことがあった。
世の中をゆるがすような不況風とそれにまつわる深刻な話題が多かったこと、
考えてみれば経済活動に走り過ぎてきたつけがやってきたとも言える。
ここいらへんで改めて人間的なスピードを考えてやんなさいという御達しかも。 

そんな不安材料の多い中
昨年から始めていた建築の仕事がようやく形になったのでお知らせしたい。
ギャラリーと軽食のできる店である。
形になったと言っても建物のほうで
中の細々と制作物は沢山残っている。
開店はいよいよ 
おかげでこの冊子の原稿を早く済ませ
正月返上で工房作業に入ることになっている。
店内の家具、什器から 喫茶室で使う食器、
トレー、カトラリーそれに看板もこれからである。
山ほどの宿題を控えているので
のんびり言行を書いている訳にはいかないが
これだけはせめてと焦りながら どうでもいいことを書き始めてしまった。

コピー ~ 07040712.R0010400 
店のオープンはさりげなく 1月13日大安日から始めることになった。
当然ながら準備は完璧である筈もなく どうなるのかお楽しみと言うしかない。
とは言うものの慣れた泥縄仕事をしてでも できるだけはやらねばならない。
少々気弱、はなの手いや足でも借りたいところであるが 
はなの奴とっくにお腹満ち足りてかグースーフィーと 高いびきで 知らんぷりである。

店の名前は施主の希望で「Muu」ということになった。
敷地170坪の住宅地に40坪の建物、
その内ギャラリースペースが8坪 喫茶スペースが10坪である。 
土壁の多い空間であるが和風とも洋風ともつかぬ空間。
建築現場で使用済みの足場板を再利用して 
床、テーブル、カウンター、ベンチも 作ってみた。 
同様に店内何処を見ても立派な素材を使うことはなかったが 
気持ちのいい空間ができた気がする。
気のいい大工チームが面白がって腕をふるってくれたことに感謝している。

暮れに現場作業に出向いた時のこと
見学にやってきた知人が あれこれ眺めながら
この空間は塩津村の福井ショールームではないかと
誉め言葉とも攻め言葉ともとれる感想を置いていった。 
うん そうかもしれないと うなずくしかなかった。 
コピー ~ 07040712.R0010394

空間に居ながら
福井の空とお日様 それに風 
ゆっくりと移り変わるひとときを感じてもらえればと願っている。
暮れの27日には 春までがまんの庭作りのお陰で
土肌あらわだったところに雪が降り 化粧をしてくれた。 
これまた素晴らしいと眺めていたら
福井の住人にとっては喜べるばかりの雪ではないことを耳打ちされ
せっかくいい気分でうっとりしいているところを不意打ちをくらってしまった。

そういえば福井の空は
まことに曖昧というか 気まぐれと言おうか
いつも予想つかぬ天候に驚かされることが多い。
晴れていると思いきや急に雨が降ったり雪になったりと気象台泣かせらしい。 

ともあれ 1月13日(火)から 店は始まる。
ギャラリースペースでは約束通り26日(日)までの2週間、
私の個展を開催する予定である。とても楽しみにしている。 
店の運営諸々は随時決まっていくことになっているが 
当面は不定休で 朝11時半より夕方6時まで営業予定、
不慣れな当初はこれで勘弁願いたいということである。

コピー ~ 07040712.R0010395

店主の啓子さんとそのスタッフとで作る
美味しいパンやスープを楽しみにお出かけいただきたい。 
私は役得のおかげで沢山の試食を繰り返しているので 
安心してお勧めできるところである。 

私は期間中、13日 25日 26日の3日間
福井に出向く予定にしている。 
くれぐれも 大雪にならぬことを心配しながら。





お店ができます。

建築中の仕事紹介です。

北陸本線の福井駅から車で10分ほどの静かな住宅地に
スープとパンとコーヒー
それにギャラリースペースを併設した空間「むう」を建築中です。 
美味しいパンとケーキを焼く 主の村田さんの希望で
ゆったりとした時の流れを感じてもらえる空間を用意できればと
建物の設計と全体のプロデュースを担当しております。 

12月末には完成予定ですが
店のオープンは年明け早々です。
北陸方面に出掛けられる折には
是非途中下車をしてでも立ち寄っていただきたいと思っております。 

コピー ~ 07033113.R0010335  コピー ~ 07033113.R0010338

コピー ~ 07033113.R0010352  コピー ~ 07033113.R0010354

 コピー ~ 07033113.R0010357    コピー ~ 07033113.R0010367
 
コピー ~ 07033113.R0010363   コピー ~ 07033119.R0010372

1月のギャラリーには図々しくも井崎正治展となります。
おかげでことさらに忙しい年末年始を迎えることになりそうですが
それにも増して
出来上がりが楽しみな空間にしたいと思っています。

IM000187.jpg


また 改めて建物と店をご紹介したいと思っています。