はじまり


三水館パンフ      三水館1

秋風にゆれるコスモスの花がいっぱいの頃
鹿教湯温泉の町並みを抜け ゆるやかな坂道を上がった所に
生まれ変わった三水館ができました。

新しい旅館は 古い民家を移築することで
建物の持っていた力をもらい受けました。

三水館は 新しくなりましたが
改めて宣伝することもなく 静かにゆっくりと始まりました。
自然を愛するご主人と音楽好きの奥様を中心に
里山のもつ四季折々の恵みをいただきながら
いつも 心づくしを支度してくれています。

旅館の経営者らしからぬ 物静かな滝澤夫妻に声を掛けられ
旅館づくりをお手伝いすることになりましたが
二人の思い入れの深さに
心を休める場としての宿というものを改めて考えさせられました。

滝澤夫妻は 時代の力に振り廻されず
里山の人であり続けようとすることで
三水館の魅力を味わせてくれるものと 思います。
微力ながら 私も応援したい気持ちでいっぱいです。