スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

採光を楽しむ

コピー (2) ~ 06122410.CIMG4119

コピー (2) ~ 06122410.CIMG4132
スポンサーサイト

2006年-師走展

コピー ~ 06121813.CIMG3902   コピー ~ 06121917.CIMG3941

コピー ~ 06121917.CIMG3952  コピー ~ 06121917.CIMG3953

コピー ~ 06122015.CIMG3972

コピー ~ 06122015.CIMG3978  コピー ~ 06122213.CIMG4027
 
コピー ~ 06122310.CIMG4067

コピー ~ 06122312.CIMG4082

コピー ~ 06122315.CIMG4103 コピー ~ 06122513.CIMG4263

コピー ~ 06122510.CIMG4220  コピー ~ 06122511.CIMG4254
                      

銀花

三水館銀花1

銀花3 銀花3

写真は 2006年 季刊銀花 冬号 P132~P144 より
三水館で撮影されたものです。

どこにでもある話

どこにでもある話

我が家は三河の田舎に住みながら
庭面積の少ない住まいです。
でも かつては家の前は広々と田が広がり 春のれんげ畑に始まり水田、
秋には黄金色の稲穂がまぶしい程に眺められるという贅沢な借景でした。
四季の移ろいを日々感じることの出来る恵まれた毎日でしたが
時代のせいでしょうか
土地活用ということなので責められぬ話ですが
突然 整地が始まり2階と3階建ての集合住宅2棟が建てられました。

    どこにでもある話はな

当然かつての借景は一変し、
窓越しに見えるのは建物の裏壁面のみとなってしまいました。
お日様いっぱいの家が嘘のようになってしまい 
同居する愛犬「はな」も 建物の隙間からこぼれるわずかな日溜りを求めて
毎朝 身を細めて震えています。

考えてみれば陽の入らぬ家は多い、
お客さんで東京の下町に住む方が居るが
家主はひと頃は郊外で生活を楽しんでいましたが
退職とともに生れ育った下町に戻りたくて
お日様はなくとも懐かしい故郷を手にいれることにしたそうですが
納得のいくようないかないような話です。
大切にしたいものって何だろうかと考えてしまいました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。