スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木の仲間たち展に寄せて

コピー ~ 11022310.CIMG0399

工房の2階からは
塩津村の地名の所以となった塩田風景は さすがになくなっているものの
穏やかな三河湾の海に 漁船、遊覧船など
大小の船が航海するのが 眺められた時代に 工房塩津村は始まりました。
今年で40年になります。

私は 木地師の仕事を出発に 木の仕事を始めましたが 
作ることに欲張りな性格で 色々迷い続け 
何屋さんと呼ばれることなく 木工屋を通して来てしまいました。
おかげで 40年間 工房に看板ひとつ掛けることなく過ぎてしまいました。
近所からは 怪しげな人種が出入りする
不思議で きっと 危ない作業場と思われていたかもしれません。
そんな工房ですが 随分と沢山の木の仕事をしてきたものです。
そして 求人募集をした訳でもなく
全国から若者が集まり 会社らしきし仕事をした時期もありましたが
今は ひっそりと仕事のできることを選んでいます。

工房塩津村から すでに10数人が独立し
全国で活躍してくれるようにもなりました。
私が 木工を始める頃とは およそ違う時代の中で
木の仕事をする人の広がりも出てきました。
ひと時代の前の いい仕事をする 意味とは 
少しばかり 違った つくり手がそこここに出現し 
つくる人の姿と仕事が見えるようになりました。
とても良いことだと思っています。
勿論 つくる人が あまり出しゃばるのも問題ですが
木の仕事をする人が 
自分の暮らし方と木の仕事を
併せて考えるようになったことは 大切にすべきかと思っています。

コピー ~ 09051112.DSC_0030

紺屋の白袴と 責められることに多い木工屋ですが 
それぞれの暮らしを持っています。
暮らしの大半は なんということもない日常のくり返しです。
人、物,、事 どれをとっても
とっておきばかりで充たされる訳にはいきません。
むしろ なんでもなく過ごせる暮らしの時間っていうところに 
つくる人の仕事もあるのかなと 工房塩津村では考えてきました。
特別な材料や 道具や仕上げにこだわるのではなく
人に手渡ししていける仕事と物ってなんだろう。 
名人芸とか 一流に 憧れるのもいいけれど 
つくる人の暮らしの視点で作り
手渡していけることの方が
無理なく木の仕事をしていく手立てのような気もしています。

「工房塩津村と木の仲間たち展」も おかげで15年目となりました。
次世代を担う木工人が育ってくれることを願いながら続けて来ました。
お出かけいただければ 幸いです。
スポンサーサイト

ワークショップ

2月は今年も銀座教文館での展示会です。
毎年この展示会は会期が長く
沢山の方が足を運んでくださり 楽しみな会場のひとつです。

この会場では 会期中2回のワークショップを開催しています。
毎回違う内容のものを試みていますが
今年は「サイコロ版画を楽しむ」と題して
4�5�立方体のサイコロ状態の角材を用意し
その立方体の6面を版木に細工し
いろいろ位置を変えて重ね摺りを楽しみます。
とは言っても このワークショップにはサンプルもなにも用意しません。
道具と材料、作業台を渡すのみで さあどうぞとやります。
初めて参加する人などは え!!とばかり驚きます。
何をしたらいいのとうろたえるばかり・・・

コピー ~ 09052317.R0012112

一般的なワークショップといえば
面倒見よく見本があり
手順などが書かれたプリントなどが渡されることが多い。
だから お手本よろしくと工程に添って
作業順序を進めることになりますが そうはいきません。
私がワークショップを企画する大半は
不親切にサンプル無しの場合が多いのです。

今回の版画も 初めての方は
先ずは下絵を・・ということになるのですが そんなことは考えもしません。
こちらで準備しているのは
木づちと台、それに釘やらノコギリ刃の折れたもの、木ねじ、ボルトです。
こんな物で何を始めるのかと不安な顔をされる。
「さあ、やりましょう」と台の上に版木を乗せて 
おもむろの外見をしながら 
木ネジや釘を版木に押し当てて
あとは木づちでトントン打っては版木の表面にキズを付けていくのです。
勿論 作意など何も考えずに
先ずはキズをいろいろな金物を使って付けます。


適当なところで ローラーでインクを付けて和紙に摺ってみます。
こうして 色を変え位置を動かして重ね摺りをすることで
思いもかけぬ摺りあがりを発見することになるのです。
上手とか下手とかいう問題ではありません。
このとっかかりの作業工程をやって見てもらうことで
後はもう参加者全員が
なる程これなら誰でもやれそうとトントン摺り摺りを繰り返します。

3時間そんなことを続けても 止まる気配なく皆まっしぐらです。
「もう時間ですよー!!」と声をかけても
耳に入れてもらえず 時間延長となってしまいました。
皆さんそれぞれの達成感にひたりながら ニンマリと引き上げてくれました。
やれやれでした。

次回のワークショップは26日です。
20名定員のところ断りきれず26名の参加者になってしまいました。
毎回ワークショップの時には
助っ人に東京で独立して
いろはに木工所をやっている山下純子さんをお願いしていますが、
それでも大忙しです。

木工家ウイークの準備

木工家ウイーク、今年で4回目になります。
今年もいくつもの企画展が開催される予定です。
そのうちのひとつの企画で 工房塩津村でお手伝いする企画があります。
「椅子つくり」です。
朝からテレビに登場している矢野きよ実さん用の椅子を作る企画です。

コピー ~ 11020911.CIMG0303

2月9日 椅子のための採寸をすることで
工房塩津村においでいただきました。
打ち合わせ・採寸・制作の工程を
木工家ウイークの会場で紹介しようというとになったのです。
一般的には 馴染みの少ない
自分用の椅子を作る工程を順序よく紹介することで
暮らしの道具づくりの基本は自分でやれることは自分で、
やれないことは
自分がつくり手にどう委ねるかということの
ひとつの例を知ってもらうことです。 

コピー ~ 11020911.CIMG0291

矢野きよ実さんの希望される椅子ですが
書道をされる方なので
書を書かれるときに 書を書いた後 
ひと呼吸しながら 作品を眺める為の椅子をご希望とのことでした。

工房で用意している測定器を使い
使用目的に近い掛け心地をつくります。
その位置の寸法を測定し、形に起こしていきます。

コピー ~ 11020912.CIMG0316

おまけに今回は
ロッキングにしてほしいということが加えられ
はてさてということになりました。
木工家ウィークは6月です。
どんな椅子が出来上がることやら不安もありますが
楽しみに会場に出向いていただければと思っています。

雪男

ismfileget.jpg

雨男で通っている私だが
今回は雨男どころか雪男になってしまった。

福井市内に 2年前設計させてもらったカフェギャラリーの店が
2周年記念ということで展示会をさせてもらった。
2年前も そういえばオープンの時 雪だった。
雪などほとんど見ることのない三河の住人には
雪を見れば 小躍りしたくなるくらいの軽い気持ちでしかなかった。
展示会、初日に降った雪はともかく
最終日30日はとんでもないことになってしまった。

展示品の搬出もあるので 車でと思ったが
なにやら雲行きが危ういので
車での出発を断念したところまではよかったが
展示会も終わり やれやれさあ帰るかと 福井駅に出向き
遅れ気味の特急電車北陸本線シラサギに
夜8時近くに乗ったところが
電車が少し走ったと思ったら 大雪のためにストップとなってしまった。
今庄駅前後で身動きがとれなくなってしまい、
今庄駅のホームに立つと 
なんと 低いはずの線路がホームの高さより高くなっている。
当然 電車の車両も埋もれるばかり。

25年ぶりの大雪らしい。
ということで結局は
それから延々と33時間 電車の中に缶詰状態となってしまい、
社内は停電で 暖房は切れて寒いし 
お腹は空くし 
乗客は満員なので 身体は伸ばせず大変な思いをすることとなった。
車内で夜を明かして 朝になっても雪は降るばかり。
昼頃になって 今庄近くの方の好意で 炊き出しのおにぎりが配られた。
温かいものがお腹に入らなかったので
そのおにぎりの温かさが何とも言えずうれしかった。
ひとりひとつのおにぎりに
こんなにも感激できるのかとほんとにいい体験をさせてもらった。
そうして3日目の朝 電車から解放された。

この大雪騒ぎの日は
実は東京は銀座教文館のギャラリーにて展示の設営の日だったが
当然のとことながら それもできず 迷惑をかけることになってしまった。
おまけに 2月1日は初日とあって作者来廊日となっている。
もちろん私は留守。

大雪の仕業とはいえ
頭を下げるしかない事態になってしまい 申し訳ありませんでした。
教文館での展示会の会期は一か月間。
こんな大雪事件での始まりとなりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。