5月のたより

コピー ~ 12040320.CIMG5256

今年の春一番は 派手に吹き荒れてくれて 
何とも 不気味な寒暖を味わうことになった。
そして春宣言も ままならぬうちに 5月になろうとしている。

桜の開花も 突然のように咲いたと思ったら
あっという間に散ってしまった。
それでも 丁度 東北や北陸に出かけたので
思わぬところで 桜の花を楽しむことができた。
でも花見気分で 一杯などという機会も お誘いもなかった。
あちこちで 寒さの中 肩を震わせながら 
ブルーシートの上で 盛り上る花見客もいたが
これをやらないと新年度が始まらぬといった
日本人の勢いと根性を見た気がする。

工房裏にある遠望峰山(とぼねやま)の山肌は
桜の季節になると山一面が水玉模様になるのに
眺める間もなく消えてしまった。
工房の窓際に咲くモクレンの白い花も 
強い風邪にあおられ
散華のように花弁を飛ばしてしまった。

次を急ぐ新緑の季節です。

ハナの言い分

コピー ~ 08112208.CIMG2886

花粉症の季節らしい。
どいつも こいつもズルズル、シクシク、ハクションとやっている。
アタシは花粉症でもないのに
鼻ズル 目ヤニなので一緒にされて困る。

困ると言えば アタシのカイカイの病、
薬のお陰で良くなった気もするけど
薬が切れると つい 足でカリカリやってしまうものだから 
未だにお腹は ガサガサ カリカリのまま。

先週 名古屋のお客さんが
ハナのお見舞いにと 
ササミロールガムハーフカットというのをプレゼントしてくれた。
国産若鶏ササミ使用って書いてあった。
これがうまいのなんのって、 
この世に こんな うまいもんがあったのかと感激してしまった。
こんな うまいもん食えるんだったら 
何度でも病気してやるわー!という気分。
生きている実感て奴を味わったのだった。

小さな椅子の当選者発表

コピー ~ 12032721.CIMG5156

コピー ~ 12033100.CIMG5171~1      コピー ~ 12040100.CIMG5180

2011年に誕生したお子さんに 小さな椅子をプレゼントするという
企画を併せた 木の仲間たち展も 昨日終了いたしました。
沢山の応募とご来廊 ありがとうございました。

閉会後 出品者全員の見守る中 抽選を致しました。
応募ハガキの中から先ず 5枚を引き出し 
その後 裏に伏せた5枚の内 1枚を選ぶという抽選方法にいたしました。
そして選ばれたのは
豊川市在住の曽田英那ちゃん 平成23年6月1日生まれのお子さんに決まりました。
そして当たった椅子は山下純子(いろはに木工所)が制作しましたたまご椅子でした。
おめでとうございます!!

会場には 9脚の小さな椅子が並べられ
応募用のDMを片手に来場した方々は
9脚の内 好きな1脚を選び 記入した上で応募の箱に入れてもらいました。