スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年 睦月のたより

2013年が始まった。
年末年始時の流れに 何の区切りもある訳でもないのに
一月に入ると 不思議に 今年はという気分になれる。
年末までにと 気になりながら 手が出せずやり残したことやらが
どこへやら遠のいてくれる気がして 
ちょっとだけ 前向きな気分にさせてくれるのがありがたい。

コピー ~ 12041722.CIMG5309

今年私は65歳 年金受給できる年齢になる。(実感はないが…) 
今年の年賀状の中に 
楽しい老後を過ごしていると色々な話を書いてくれる人のものが目立っていた。
反面 年齢的に節目になるのだろうか 体調を崩す人もいて心配になった。
今まで頑張ってきたのだ。
人生の楽しみは まだまだこれからではないかと応援したいし、されたいものだ。

私はと言えば 「少しゆっくりしていいのでは!!」という声に耳も貸さず
何ができるとも解らないような木工塾開設の準備を正月休み返上でやっている。
準備とは言うものの
工房を始めて42年間あまりに 雑多な仕事を重ねてしまったので
工房内に溜まり切った諸々を整理するところから始めなければならない。
その量が多過ぎて 作業は遅々として進まない。
かつての試作品、資料、半製品、部品、治具、型板と
よくもまあこんなに溜まったものだと呆れてしまう。

考えてみれば 工房を始める時は ほぼ文無し状態だったので
何でももったいない精神というか 
いつかまた使いたいと ケチくさい欲張り気持ちで取り置いたものの
結局は ほとんどが活用できることなく
工房のあちこちに場所を占領してくれている。
まったく だらしない話に尽きるが 
今更心改めるとは思えないので この際にと目をつぶって大処分をすることにした。
しかし その筈なのに手が止まってしまう。
やはり未練がましく 
久しく手にとる物たちが懐かしく いとおしくなってしまうのだ。
いつになったら 準備が進むやら 不安とため息をくり返している。 


コピー ~ 12112904.CIMG7439 コピー ~ 12112905.CIMG7507


今年最初の展示会1月22日(火)から2月18日(月)まで
銀座教文館 4階ギャラリーにて今年も開催


2月10日(日)、11日(月)
の2日間は
木版でポチ袋をつくる と題して ワークショップも開催予定。

ともあれ 今年もこりずに お付き合いの程 よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

ハナの言い分

我が家には アタシの他に
16年も住んでいるもう一匹 いや 一羽の鳥が居る。
小桜インコのセロリだ。 
チビの癖して生意気な奴だが 
一応古株なので 一目を置くことにしている。
 
コピー ~ 03090817.DSCF0037

このセロリの奴、正月早々に危篤に陥ってしまった。
老体なこともあり この寒さにまいってしまったのか
主人とアタシが 正月だというのに 工房からの帰り
口笛で声をかけても 反応がない。
あわててゲージに走り寄ると
セロリはグッタリと倒れて 身動きひとつ出来ない状態だった。
これはもう駄目かと 一旦はあきらめかけたが 
それでもと必死の看病が始まった。

集中治療室らしき箱を作り
お湯を使い 暖をとらせ 開かぬ口を広げ 
スポイトで水分と栄養分を補給したりして
一晩を付き合ったおかげで 
なんと 目をパチクリするではないか。
意識を取り戻したのだ。

やれやれ 人騒がせなセロリ中心の正月になってしまった。
あたしだって寒くて震えていたのに。 
クシュン!!
ともあれ めでたく 一件落着となった。

2013年 元旦

明けまして おめでとうございます。

コピー ~ 11121518.CIMG4242

今年こそはと 心躍らせて始まった平成24年の筈なのに
気がつけば そんな思いはどこへやら
年末ギリギリまで 追われる仕事になってしまった。

コピー ~ IM000202

年末30日、終日雨の降る中 
先方には迷惑な話ながら 
私が設計して すでに完成している家の玄関戸を 
正月を迎えるのに 玄関戸がベニヤ板が立てかけてあるのでは
なんともみっともない話 いや申し訳ない話と 
なんとか間に合わせて 取り付け作業に出かけた。
夏には家がほぼ完成して すでに住み始めている。
従って4ヶ月ちかく 玄関戸なしで
がまんしてくれていたという気の毒な話、
ほんとに情けない しめくくりの年末仕事でした。

コピー ~ 12123108.CIMG7684

31日の大晦日は それでもと全部を忘れて 
恒例の京都に 青春18きっぷを使って繰り出した。
毎年なんとなく年末の30日か31日新幹線も使わず ケチくさく 
普通電車でコトコトと京都まで出かけることにしている。
目的は特にない。
何となくだ。早朝の電車に乗って9時代には京都に居る。 
好きな本屋さんで半日過ごし 
お腹をすかせて 美味しいランチをゆっくり食べる。
午後からは一箇所だけ 散策する。
今年は三十三間堂をゆっくり観た。
人も少なくとても良かった。
疲れたところで美味しいコーヒーを飲み、
帰りがけに年越しそばを食べ またコトコトと帰るだけのことである。 
この帰りの電車内で何となく今年は・・・ 来年こそはと毎年考えていた。
勿論、半分は 居眠りながら。
今年は来年こそはという意気込みは減り 
来年は どこまで動けるかななどと
気負いの少ない反省と夢を思い浮かべながら 帰ってきました。 

平成25年の始まりです。
今年もよろしく お付き合い下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。