スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハナの言い分

CIMG9998 (200x150)

このところ アタシの出番がない。

言いたいことも言えず
小粒だったおへそも愛嬌なく 曲がりっぱなしだ。
おまけに 歳を重ねて 知らぬ間にお婆さんになってしまった。
時折ガラスに映る姿 エッ!! アタシ??
つい 後ずさりしそうになる。

かつて自慢だった黒髪、 円らな瞳 どれも遠い昔・・・
なぜか茶髪に白髪が・・・

黒パグ姿が薄れて 全身ビゲンで染めたい!気分の今日この頃
スポンサーサイト

神無月

秋です。
女心と秋の空などと口にすれば
なんだなんだと お叱りの声が飛んできそうだが
女心の話はともかく 気まぐれな秋空は
空の色 雲の形を 変幻自在に操り 楽しませてくれる。
 
日没時の西の空を染める夕焼けは 
この歳になっても 心躍るものがあるのか
見惚れる程に 楽しんでしまっている。
ましてや 飛行機なんぞにのり
雲を眼下に見下ろすことなど考えもしなかった。
幼い眼に映る秋空の姿は
摩訶不思議な世界で 遠い遠い夢の景色だった。

10月は神無月と言って あちこちの神様が用事があって
出雲の国に出かけてしまうので どこもカラッポになるのだ。
そこで留守をいいことに 気まぐれ空は雨を降らせたり 
風を吹かせたり 雲を散らして 夕焼けをつくったりして
遊び狂うのだと もっともらしく話をしてくれた大人を覚えている。
勿論嘘だと解っていながらも 
あまりに驚くような夕焼けを眺めてしまうと
「そうかもしれない」 なんて信じてみたい気分にもなったものだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。