雑草の話

コピー ~ IM000060 

工房の敷地には いつもどこかに花が咲いています。
花好きの母が 土を見つけては 所狭しと花を植えてくれているのです。
おかげで 楽しませてもらっていながらも 
花が咲いていることに慣れてしまっていました。
ところが その母が 少しばかり体調を壊して 外に出歩なくなったと思ったら 
あれあれ雑草だらけ 
草たちは こんなにも元気に伸びてくれるものかと感心するばかりです。
母は花を育てる楽しみと併せて 当たり前ながら
雑草抜きをちゃんとやってくれていたのだと 改めて納得する始末です。

目に余る草を 少し取り始めると  駐車場のアスファルトの割れ目から                                コピー ~ IM000055
小柄姿をしたコヒルガオらしき花が咲いている。
そういえば 毎年のように周りをうかがいながら
 ひそかに姿を見せてくれていたのを思い出した。
なんともたくましく 健気なものです。
母の 土いじりの楽しみが解るような気がする。
涼しくなったら 
また母に花を増やしてもらいたいものだと思っているところです。