FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長月です。

コピー ~ 12092203.CIMG6778

秋風に揺られながら 背伸びする稲穂、
その頭上を 出番とばかり 群をなして飛ぶ赤トンボ、
工房の周りも 水田は少なくなったものの
この季節には 黄金色に輝く秋の色を見せてくれる。

昼間の陽射しは まだまだ きついものの
夕方ともなれば そこそこの草むらから 
コオロギ、スズムシ、キリギリスたちが 昔と変わらぬ声で ひと呼吸させてくれる。
昔の風景とは姿を変えてしまったものの 
どっこい捨てたものでもないじゃんと言えることも 時折あり 小さな安心をする。

収穫前の稲穂を狙って 食欲旺盛なすずめたちも とても賑やかだ。 
この頃の田には カカシもなく のどかに稲刈りをする姿も見なくなった。
どんな小さな田でもコンバインがエンジン音を響かせてやって来たと思えば 
あっという間に切り株だけの田を残して帰ってしまう。 
すずめたちもこの時を逃してはと のんびりしていられないのだ、きっと。

時といえば 蒲郡の海辺にかつては 観光名所で賑わった所に 文学記念館がある。
大正、昭和に 川端康成、志賀直哉、山本有三、井上靖と
名だたる文人たちが愛した 常盤館という料理旅館があったが 
老朽化のため 三十年程前に壊されてしまった。
その跡地に建てられたのが この文学記念館だ。

この記念館の中に入ると 時の手紙というのを書くことができる。
五年先、十年先の自分や知人家族に宛て 手紙を書くというもの。
配達日までは 手紙を保管してくれ、その時期が訪れたら配達をしてくれる。

人にとって時間経過への思いは様々だ。
にとっての遠い五年、十年先もあれば年齢をかさねれば
あっという間に過ぎてしまう時もある。
私もあっという間の口であるが まだまだやってみたいことがある。 
五年、十年先の自分はどうも想像できない。
そんなことも考えると 自分も文学記念館にでも出向いて
ゆっくり 時の手紙でも したためてみたいものだと思っている。 
やはり 秋なのだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。