FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハナの言い分

コピー ~ 13013106.CIMG8031

塩津村を吹き抜ける師走の風はとても冷たいのだ。

三河湾の入海から吹き上げる風、
北に背負う遠望峰山から吹き下ろす風は
昔から風の通り道と言われているらしい。
嵐を思わせるくらいの風がやってくると体感温度がより寒く感じるのだ。

アタシのような小粒な犬にとっては
吹き溜まりに押しやられる勢いで風を感じるのだ。
10年間、アタシはそんな風とも仲良くしながら
歯を食いしばって生きてきたのだ。

ごほうびはなかったけれど
前回の便りに「アタシの加齢臭」の話をしたら
やさしい人は居るもんだ。
犬の臭いってものはどの犬にもあるよ。
人間にとって臭いだけ、我が家の犬も臭いよなんて
他にも色々と同情の声が聞こえてきてとてもうれしかった。
あまりに感激して ついウルウルしてしまい 
目ヤニまじりの涙をこらえ、遠い寒空に目をやってみたのだ。
それなりに絵になったポーズだったと思ったのだけれど
やはり主人の奴は知らんぷり。何の反応もなかった。

今年も報われない一年で終わりそうだ。
来年こそはいやいや期待なんか今更してないよ。
アタシはアタシで生きてやるんだ。
高齢犬ハナの意地なのだ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。