霜月

 霜月


立冬を目の前にして一息つきたいところですが、
今秋は度重なる台風のおかげで、
一足跳びに走り抜けてしまった秋になんとも未練が残ってなりません。

とは いうものの、とりあえず 
秋の味覚だけは忘れずにお腹にしっかりと入れております。
それでも記憶に残る秋の風景が見当たらないのです。  
工房まわりのそこそこに
毎年のように姿を見せてくれる曼珠紗華の朱赤も 
ほんの一瞬のように姿を見せてくれたかと思ったら、
追われるように消えてしまったような気がします。
  
このところ毎日 世界中から不穏なニュースばかりが報道され、
小心者の私は心を揺さぶられっぱなしで、落ち着けません。
人間は自分たちの居る足元を忘れて、地球上の話題を
どこまで抱え込んだら気が済むのかと
情報過多を恨めしく思ったりしています。 

さあ冬の準備です。我が家のわずかなみかんの樹も色が増してきました。
収穫まであとひといきです。 
美味しく実ってくれよと食い意地が願っています。

霜月
an>

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)