FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デザインってなに?

デザインってなに?1

物を作り出す仕事に就いて
デザインって何だろうと素朴に考える頃がありました。
1970年頃で当時デザイナーの出現が目覚しく
カタカナの肩書きが勝手に価値を持ったかのように
ひとり歩きし始めた時代でもありました。
欧米の情報量が増えて日本のものが時代遅れで
古いもののように感じられた頃でした。

その頃私といえば伝統的とは言えないながら
木地師の仕事から木工に入り独立したばかりで
古い職人修行の中で育った私には
デザイナーという肩書きとその仕事には
脅威に似たものを感じたこともありました。
負けじとスケッチや図面を資料を片手に描いてはみたものの
手と身体から木の仕事に入った自分には
どうも しっくりこず 結局は古い修行の中で
身に付けた方法に戻って仕事をしています。

独立して間もない頃
パリの街をウロウロとしたときのこと
大坂万博でボランテイアをしていたという
日本びいきの青年に会う機会がありました。
スイス人でありながら
日本の風土と伝統文化に興味を持っていて
日本を2年半程 旅をしたというのです。  
そのときの見聞を 興奮気味に語ってくれたのです。
私は大きな衝撃を感じさせられながら
日本のすばらしさを とくと説教されたのです。
1971年5月の話で 私は20代前半で
日本の風土に特別な興味を持っていない頃でした。
それから30数年があっという間に過ぎてしまいましたが
彼の興奮してまで語ってくれた言葉に素直にうなずけるようになっています。 

でざいいんってなに?2

デザインって何だろうと改めて考えることも少なくなりましたが
スイス人青年の言葉を少し借りてあえて言えば
デザインのためのデザインではなく
「人間が風土で健康的に楽しく気持ちよく生活するために働きかける知恵と工夫」
その結果として生まれたものが
暮らしの質をよりよくするものでありたい。
新しいこと、便利なこと、人とは違うことを目指すことが
デザインであったり その目的ではないことだけは
間違えなさそうな気がするのです。 
風土に居るというなんでもないことが
実はなんでもなくないことに気付く 
作業の繰り返しがデザインそのものかもしれません。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。